適材適所

今日の読売新聞人生相談。背が低いのでバレーボールの試合に使ってもらえない。https://www.yomiuri.co.jp/jinsei/20240524-OYT8T50052/

 

回答者は増田明美さん、とくれば大体内容は想像が付く。「私も小さかった。だから人の何倍も頑張った。」

 

読んでいないが、およそそんな回答だろう。確かにこれ以上模範的な回答は考えられない、でも相談者はこの回答で納得するだろうか。少なくとも私なら満足できない。

 

増田明美さんは150センチあるかないかの身長なのに世界レベルの選手になった。それには勿論本人の血の滲むような努力があったに違いない。しかし同じような人が例え増田さんと同じ程度に頑張っても同じ結果が得られるとは限らない。むしろごく少数と言ってもいいだろう。

 

「偏差値40の私でも東大に入れた」

「好き放題食べても10キロ痩せた」

「専業主婦が1億円めた」

書店に行けばこんなタイトルの本をよく見る。確かにそんな人もいるのだろう。

 

以前、ある番組で見た90何歳かのお婆さん、運動と野菜が大嫌い、肉は牛肉しか食べない、特に脂身が大好き、コーヒーには必ず角砂糖5、6個。およそ健康的とかけ離れた生活習慣なのに健康診断をしても何処にも悪い所がない。こんな人も居るのた。井上尚弥がボクシングの、大谷翔平が野球の天才とすればこのお婆さんはさしずめ健康の天才と言っていいだろう。

 

「努力は天才に勝る」

「努力の前に不可能なし」

「諦めなければ夢は叶う」

自分でそう信じる分には勝手だが他者を説得する言葉としては使って欲しくない。

 

ではお前ならこの相談に何と答えるのか?

 

また考えておきます。

 

 

 

時代を映す古いドラマ

今でも旅館やホテルに泊まると室内の冷蔵庫に注意書きを見ることがある。

「アイスクリームを入れないでください。溶けます。」

 

そう、旅館にあるような古い冷蔵庫だと氷は何とか作れてもアイスクリームを凍らせておく程の低温にはならない。だからアイスクリームは一般家庭にも冷凍室付きの冷蔵庫が普及し始める前までは都度店に買いに行かなけれはならなかった。何時でも好きな時に食べられる今とは違いなかなかの贅沢品だったのである。その模様はこの有名な曲にも歌われている。

https://www.kkbox.com/jp/ja/song/9ZNDyxhOs_ZpHdBAZm

 

BS松竹東急で昭和40年代のドラマが放送されている。ちょうど私の小学校時代。ドラマは当時の世相を写し取る鏡、見ていて興味は尽きない。今日見た回にもこんなシーンがあった。季節は夏真っ盛り、来客にジュースを出すのだがよく見ると氷が入っていない。そして言う。「早く飲んでください。そうでないとさめちゃいますよ。」

 

アイスクリームだけではない、昔は氷も貴重だったのだ。今は氷は次から次へと直ぐ出来るし、大きなアイスボックスもある。私は毎日焼酎やウイスキーソーダ割りを飲むので大量に氷を使うがその位ではびくともしない。

小林カツ代さん

妻は料理がうまい。「○さんの奥さんの料理を食べたいのでもう一度家に招んでくださいよ。」と女子社員にせがまれたこともある。

 

但しその妻も最初から料理が得意だった訳ではない。今でも覚えているが新婚最初のおかずはサバの味噌煮だったが出されたものはサバ入りの味噌汁のようなシロモノ。こりや先が思いやられると真剣に思い悩んだものだ。

 

そんな妻が料理上手になるきっかけになったのが会社帰りに何気なく買った一冊の料理本だった。南草津駅がまだ無く、瀬田駅からバスに乗って通勤していた時代。瀬田駅界隈の書店の雑誌コーナーにその本はあった。

 

「一冊まるごと小林カツ代さんの本」

次の日からその本は妻のバイブルになった。キッチンの傍らにはいつもその本があった。勉強熱心で努力家の妻はその後もカツ代さんの本を何冊も買い、それと共に料理の腕前もぐんぐん上がっていった。だから私達夫婦はどれだけ小林カツ代さんに感謝してもし過ぎることはないのである。

 

この番組で昔懐かしい小林カツ代さんの映像を見た。

https://www.nhk.jp/p/ts/NL2MGZPNVN/episode/te/MX1K3MXGR8/

1985年の放送というからカツ代さん47、8歳。お若い。「私の息子は中学生なんですよ。」という言葉に涙が滲む。

 

私がもうひとつ気付いたのが当時の野菜の色が濃いこと。人参にせよ、いんげん豆にせよ今こんなに色の濃い野菜を見たことがない。それも人間で言えば日焼けマシンで焼いたような人工的な色ではなく、太陽をいっぱい浴びた元気な色。そう言えば誰かも言っていた。「今の野菜は調理のしやすさは倍になっているが味は半分以下になっている。」

 

一緒にテレビを見ながら妻が話す。「次こうするで。」、「味付けはこうやで。」どうやら全部頭に入っているようだ。

 

あるお寺で見かけた標語。

「天才にはそう誰にでもなれないが、本物には努力次第でなれる。」

 

本物の料理を提供してくれる妻に感謝。

 

 

 

 

 

<産経抄>上川発言は失言か、メディアの曲解か - 産経ニュース

前に触れた富士山を臨むコンビニ前に目隠しの幕が設置された。

https://news.yahoo.co.jp/articles/5560bef71b99cda90d62e2b0fe72ee3447aad09f

 

ワイドショーの冒頭でこの話題を取り上げていたが、MCが「他にもまだあった。富士山が見える云々。」と言い掛けたので慌ててチャンネルを変えた。あほか。せっかくマナーの悪い観光客からの災難をひとつ潰したのにまた教えてどうする。

 

マスゴミと言えばこの話もそう。https://www.sankei.com/article/20240521-OV3PIBCXSBPMBBYTJT6DUT7R4E/

 

有料会員ではないので途中までしか読めないが言いたいことの主旨は分かる。本当にその通りだと思う。

トラウマ、またひとつ

初めて新幹線に乗ったのはいつだったか。ハッキリ記憶(記録)に残っているのは中学校の修学旅行だが小学生時代に東京に行った写真が残っているので恐らくその時も新幹線に乗っているだろう。会社員時代にはそれこそ毎月のように東京に行っていた時期があるがプライベートでの利用となると数えるほどしか乗っていない。東海道、山陽合わせて10回以上、20回未満といったところではなかろうか。それ以外の新幹線は乗ったことがない。

 

初めての飛行機、これはハッキリ覚えていて大学の卒業旅行でヨーロッパに行った時の伊丹〜成田、いや待てよ羽田だったかな?関空が未だなかったのは確かだが経由したのが成田だったか羽田だったかとんと思い出せない。何がハッキリ覚えている、だ。覚えているのは伊丹を出た時点で国際便扱いになるので機内は日本であって日本ではないという説明。へー、そんなことあるんだ。

 

ともかく初めての離陸は衝撃そのものだった。あの、背中がシートに押し当てられるような加速、そして離陸したかと思うとあっという間に陸地がみるみる小さくなっていく視界、全てが異世界の出来事に思えた。

 

飛行機があらゆる交通手段で1番事故が少ないことは知っている。でも一度起これば結果が重大なことになることも確かで、家族揃っては絶対に同じフライトに乗らないようにしている人も多いと聞く。飛行機は新幹線よりは乗る機会が多くあり、昨年も東北旅行に2回行ったので都合4回機上の人となったがこればかりは何回乗っても慣れるということがない。妻の手前、平気を装っているが心の中では今でも神様、仏様と念じている。

 

そして誠に恥ずかしいことだが万一の事態が起こってもあのお美しいスチュワーデス(あっ、今はフライトアテンダントと言うのか)の方々と一緒に死ねるのならもって冥すべしという殆ど悟りに似た心境になっている自分がいる。(前の山形旅行は飛行機そのものがセミクジラ位の大きさしかないプロペラ機でそれでなくてもよく揺れた上、スチュワーデスも幸田シャーミン似のおばさんでこれで事故ったら死ぬに死ねないとずっと案じていた。)

 

 

今、この本を読了した。「〜日記」シリーズの最新作。https://www.forestpub.co.jp/author/fukunaga_kotaro/book/R-0083

本作も無類に面白かったのは確かだが、電通という超一流企業に入っている時点で著者がよりすぐりのエリートであるということが前作までと異なっている。本書でも触れているが実際驚くような待遇であり給料だ。1番印象に残ったのはJリーグの選手たちと同じフライトで海外出張した時の話。恐らく貸し切りだったのだろう、これから読む人もあるので詳しくは書かないがもし離陸後の機内の様子が描写通りなら「酒池肉林」という以外、表現する言葉を持たない。

 

あのお美しいスチュワーデスさん達の何たる痴態!こんな事を知ってしまった以上もう飛行機に乗ることはないかも知れない。

 

こんなことを書きながら思い出した。あれは入社した年だから1982年、東京晴海で開催されたオーディオフェアの設営のお手伝いに我々新入社員が駆り出された。汗みどろになる仕事だから当然作業服持参。「お前らあの部屋で着替えてこい。」と指定されたのがフェアを彩るマスコットガールの休憩室。彼女らもリハーサルの為、現地入りしていた。バニーガールのような出で立ちで担当ブースの商品説明、だけではない、もし来場者から質問があればその場で答える知識も要求されるので皆必死で勉強している。顔は可愛いし、スタイルもいいし、頭もいいし努力家。相当に鼻の下が伸びていたことは間違いない。

 

そんな秘かなスケベ心も休憩室に入って吹っ飛んだ。ドアを開けるとものすごいタバコの煙、灰皿には口紅が付いたままのタバコが積み上がっている。そして机の上には飲みかけのコーラの空き瓶。さすがにビールはなかったが。そして決定的だったのが着替えの服がそのままソフアに掛かっていたことだ。

 

この時のトラウマが私を余計オクテに、より女性恐怖症にしたことは間違いなさそうだ。

 

 

 

キダタローさんとチキンラーメン(と双葉山)

キダ・タローさん死去。https://news.yahoo.co.jp/articles/7304318b35522c5276896806907a867707315125

 

つい2、3週前の探偵ナイトスクープに出ておられたが。もっとも収録そのものはもう少し前だろうが何れにせよそんなに長く寝込むようなことはなかったと思われる。誠に羨ましい亡くなり方だ。近々カラオケに行くのでキダ・タローメドレーを歌おう。

 

以前、小澤征爾氏が山本直純氏を「才能は僕なんかと比べ物にならない。」と評していたがキダさんも同様、まだまだ過小評価されているように思う。つい先日、富山旅行の折り日本海みその看板を見た話に触れたばかり。今改めてCM曲を聞いたがいかん、涙が滲んでくる。年を取ると何故涙もろくなるのだろう。思うに感情の振幅の容量が小さくなるからだろうか。それとは反対に若い頃あれだけ心を震わせたマーラーブルックナーがあまり心に響かなくなったのは感情の容量を越えてしまっているからかも知れない。

 

40年以上前の学生時代、私は毎日のようにキダさんのラジオ「フレッシュ9時半キダタローです」(ABCラジオ)を聞いていた。

 

勿論、日々の話など覚えている訳もないがチキンラーメンの話だけは何故か脳裏に深く刻まれている。前にも触れたが再録しよう。

 

自分でスープを調合する程ラーメン好きのキダ・タローさん、ある日久し振りにチキンラーメンを食べると微妙に味が落ちている?後日、日清食品の人に会う機会があったので聞いてみた。すると開口一番「さすがキダさん、よく分かりましたねえ。」

 

その方いわく、以前は自社で鶏肉からスープを取っていた。その時はスープを取り終わった後の肉にも結構味が残っていた。何年か前からスープ取りを専門の会社に外注しているがさすが専門業者、彼らがスープを取り終わった肉には全く味が残っていない。その差が出ているのかも分かりませんね。・・・

 

製造業に携わった経験のある人ならこの話は単に食品だけに留まらない永遠の指針として理解して頂けると思う。しかしラジオでこの話を聞いた時は将来製造業に行こうなど、と言うより就職のことなど何も考えていない呑気な学生、なのに何故この話を印象深く覚えているのだろう。

 

ひとつには私の趣味がオーディオだったこと。材料に金を掛けるほど、贅沢に使うほど良い音の製品が出来る。ケーブル一本で音は激変、いや音は変わることは間違いない。コンポーネントの世界ではアンプ、スピーカー、プレーヤー、どれ一つの不調であっても忽ち全体の音に深刻な影響を及ぼすことを日常的に感じていたことが挙げられる。

 

もうひとつは、これは今想い付いたのだが私が熱心な双葉山フリークだったことがあるのだと思う。ビデオはおろか、YouTubeなんて夢のまた夢の時代、双葉山は一体どんな相撲を取っていたのか、僅かに残る写真と当時の目撃者の証言に頼る他に方法はなかったのだが、どんな相手でも正々堂々と受けて立ち、おかしな相撲は絶対取らない、正に余裕たっぷりの横綱相撲だったらしい。

 

一方、当時の横綱は輪島、北の湖、二代目若乃花、三重の海。後2者はさておき輪島、北の湖は歴代で見ても強い方の横綱だと思うが特定の苦手相手がいたり、自分の体勢になれないとバタバタ慌てたりとけして盤石の横綱相撲とは言えず、益々まだ見ぬ双葉山への憧憬が深まるばかりの日を送っていた。

 

そんな中に聞いたチキンラーメンの話、そうか双葉山は出汁を日清食品自身で取っていた時代の鶏肉と同じなんだ。出汁を取った後もまだ味の残っている鶏肉のように取り組み後も息も切らさず、汗もそれほど掻いていない、きっとそんな横綱だったに違いない。

 

そう言えは双葉山座右の銘は「木鶏」だった。何か因縁めいている。

 

 

 

 

シャープTV向け液晶パネル終了へ

昨夜のNHKドラマ「燕はもどってこない」で子供を望む男性(稲垣吾郎)が言う。

「私ももう50歳。今すぐ子供ができれは何とか成人するまで見届けることが出来る。」

 

そうか高齢出産とはそう言うことか。そうだよな。坂口安吾の「堕落論」、読んだのが何十年も前なのであらかた内容は忘れたがこんな文章があった。「親はなくとも子は育つと言うがあれは嘘だ。親があっても子は育つが正しいんだ。」

 

 

 

 

 

 

 

 

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6501036